2018年6月25日月曜日

ギフトオーサーシップ

ブラック・ペアン、面白かったです。

努力に打ちされた高い技術という話は、実際にあることでしょう。
一方、コーディネーターについては学会から批判が上がっていましたね。

個人的には、ギフトオーサーシップに関して少し思うところがありました。
これ、身近にありますね。何なのでしょうね。
個人的には丁重にお断りしたことがあります。正論ですが、組織人としてどう判断されるかは別の問題。ヒトの世です。

ギフトオーサーシップとか、ねつ造とか。私がその世界でがっつり生きていないからかもしれませんが、理解できないですし、理解できるようにはなりたくないですね。


2018年6月23日土曜日

地盤の固有周期 その2

以前、道路橋示方書における地盤の特性値(基本固有周期)Tの推定式について書き残しています。
https://phreeqc.blogspot.com/2011/11/blog-post_29.html

示方書では微動観測等の調査が基本のように書かれています。が、実際は解説により(2)の推定式を使用します。
(1)地盤の基本固有周期TG は,地盤調査等に基づき,適切に算出しなければならない。
(2)地盤の基本固有周期TG を,式(3.6.1)により算出する場合には、(1)を満足するとみなしてよい。 
地盤の基本固有周期TG を求める方法としては,微動観測等により直接的に得る方法もあるが,微小ひずみ振幅領域における地盤の基本固有周期であれば実用上十分な精度を確保して地層ごとの厚さや平均せん断弾性波速度から算出できるため,地盤の基本固有周期TG は式(3.6.1)により求めてもよいことが規定されている。
この式だと手計算でも答えを出せるのですが、層が複雑だと案外面倒です。
幸い、他の目的で微動探査を実施していましたので、今回はこの結果を利用することに。これなら実測なので直接的です。が、示方書では微動観測から基本固有周期を求める手順を、港湾基準のように規定されていません。

偶然、他目的で呼んでいた図書に関連内容が書かれていました。

鹿島出版会「活断層調査から耐震設計まで」

この図書では得られたスペクトルから判定していますね。発刊が2000年ですので、今なら H/V 含め評価する方が良いでしょう。ま、規定されていない以上、技術者が良いと思える手順で判断すれば問題ないということだと思います。

この図書、地盤種別についてもコメントされています。どこかで見た覚えがありますが、書き残しておきましょう。

I種地盤:良好な洪積層及び岩盤
III種地盤:沖積層のうち軟弱地盤
II種地盤:I,II種に属さない洪積・沖積層

建築・港湾・道路橋と、常時微動を公的に使いやすくしてもらえているのはありがたいことです。積極的に活用したいですね。

ダイナマイト

先日、火薬の更新講習に行ってきました。

その中で、2年前にダイナマイトの国内生産が中止になったとのお話がありました。そういえば、ここ数年、スタッキングばかりやってましたね。5~6年前に3桐を使用したのが最後です。あれが最後の現場になるとは。

含水よりダイナマイトの方が効きが良いのでそちらを選択していたのですが、これからは選択の余地がありません(まだ2号榎はあるそうですが)。というか、大型の事業が減っていますので、発破を必要とする調査自体が減っているのでしょう。

少し寂しいお話でした。

2018年6月21日木曜日

magma mixing/mingling その2

この文献では、3つの数値実験が実施されています。

幅の広めのモデルと、狭めの高・超高解像度モデル。どちらも流体として Navier-Stokes を解いているようです。

まずは前者の結果。以下のような順序が記載されていました。

  1. まず、注入された苦鉄質マグマが石英閃長岩メルトを加熱。軽い加水閃長岩相が混合物上に層状に形成される。一方、重い苦鉄質エンクレーブの大部分は、チャンバーの底部に定着。
  2. 次ステージでは、複数の高温閃長岩メルト(苦鉄質メルトを5~10vol%含有)が既存の閃長岩メルト内に複数注入される(図4a)。
  3. 苦鉄質相の一部(約5Vol%)は、固結したエンクレーブの形でチャンバー頂部に上昇。他の部分は晶出過程の中で密度および粘度の増加により上昇を止める(図4b、d)。
  4. その結果、チャンバーを底部から頂部まで貫通する細長い鉛直チャネル(細脈または一連のエンクレーブの形で偏在する苦鉄質岩とのハイブリッド組成)が形成される。

後者も似たようなメカニズム。よく考えられていますね。
いずれも、苦鉄質マグマだけでは重たくて上がれないので、水を含むメルトと混ざるなど軽いメルト(前者:hydrous syenite、後者:super-heated diorite )を生成する点がミソ。苦鉄質メルトは軽メルトの上昇に少量連れていかれるイメージです。
キーワードは水と密度、粘性でしょうか。シミュレーションの結果からは、粘性の違いよりも密度の違いが mixing/mingling を分けているようです。

おそらく地質屋さんの多くは、ここまで具体的に成因を説明できません。その結果、地質図は(スケールにもよりますが)その程度のレベルにとどまります。
過去に書いた閃長岩と花崗閃緑岩、エンクレーブの分布域、ここまでの知識なしで書いていますね。ヤバい。このような具体的な成因を想像して観察結果を解釈すれば、また違った地質図になっていたでしょう。反省。

この解析結果は、動画として公開されています。
正解かどうかは誰もわかりませんが、正解の可能性の一つを提示しているところがこの文献の価値だと思われます。

正解に近い絵の描ける(知識・計算力を有する)地質屋さんを目指さなくてはなりません。


2018年6月20日水曜日

大阪北部の地震

昨日の地震でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りします。

各団体で地震の評価が進んでいます。
今回観測された地震波は、兵庫県南部地震とは少し異なったようです。
防災科学技術研究所のサイトに掲載されているスペクトルを見ると、周期の短い側でピークがでています。兵庫県南部地震に比べ建物の被害が少なかったのは、この影響も大きいのでしょう。
http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/topics/html20180618075823/main_20180618075823.html

被災種別・形態についてはこれからでしょうか。
今しばらく、評価を待ちましょう。


2018年6月19日火曜日

magma mixing/mingling

以前に携わった現場にて、花崗岩閃緑岩中に MMEの入っている産状をよく見かけました。
幸い、海底下の新鮮岩を掘る現場でしたので、その産状は最良の状態で、かつ時間をかけて観察できました。が、実力不足のため成因はよくわかりませんでした。
いえ、流れた構造を持っており、マグマ・ミキシングを成因とはとらえていました。が、マフィックなマグマがどこから来たのか、どのように混合したのか想像できなかったのです。

先日、巡検に参加していた際に、このヒントを教えていただきました。

Alexander Semenov and Oleg Petrovich Polyansky, Numerical modeling of the mechanisms of magma mingling and mixing: A case study of the formation of complex intrusions, Russian Geology and Geophysics, November 2017

まずは用語。 mixing でなく、mingling が正解(10数年、間違えて使っていました)。

粘性が小さく、似ていることで混合する (Mixing)。化学組成のコントラストも小さいこと(SiO2含有量で10%以下)が必要。
The difference between them is as follows. Magma mingling results in a heterogeneous mixture containing separate portions of the initial melts; the derivative magma contains discrete fragments of melts of different composition.
Mixing, in contrast to mingling, is thermodynamic equilibration of two or more compositionally different initial melts to form a chemically and physically homogeneous mixture under conditions where the viscosities of the initial components are similar and low (Frost and Mahood, 1987).
粘性にコントラストがあったり、同化するには時間が短い場合は、Mingling (混交)。確かに、30年以上前の文献に書いてありました。
Tom Frost and Gail A. Mahood, Field, chemical, and physical constraints on mafic-felsic magma interaction in the Lamarck Granodiorite, Sierra Nevada, California, Geological Society of America Bulletin, January 1987

その他、いくつか文献を見ましたが、概ねこのように書かれていますね。いや、間違いにすら気づかない無知は恐ろしい。もっと文献を読まねば。

続く。


2018年6月14日木曜日

ソフトの価格

最近のソフトは高いですね。

SPH 900万、PSInSAR 700万、機械学習 500万。
現場用の試験機や車が安く思えてしまいます。

設備投資に関する感覚は支店毎に異なるようで、ある支店から見ると無駄遣いのような要望も散見されます。が、executives が知らない分野では査定が甘く、うまく言いくるめられているようです。
知識の有無は怖いですね。